ケチや節約デートもほどほどにしてほしい女性心理

ケチや節約デートもほどほどにしてほしい女性心理

ケチな性格や節約デートも浪費家な彼氏に比べれば悪くはないけど、それもほどほどにしてほしいと女性心理は思っています。

 

というのも、男が節約思考やケチな態度を示すことで、女心は心苦しいと感じているのです。

 

男は、将来のことを考えてお金を貯めなければいけません。

 

なので、お金をなるべく使わないように考えるのは、ある程度は仕方のないことです。

 

節約することは悪いことではありません。

 

でも、それを女性(彼女)の前であからさまに態度を示すと女性心理はショックを受けるのです。

 

 

「あのお好み焼き屋が安いから行こう!」

 

「このバック、安いよね。買おう!」

 

「クーポン持ってるから、このお店にしよう!」

 

 

このように「安いから」「お得だから」という理由でいつも行動していたら、女性心理としては、

 

 

「安いところしかあたしたちは行けないの?なんだか悲しい・・・。」

 

 

と思ってしまうのです。

 

誰だって、安いものより高いものが欲しいですよね?

 

安い食べ物より高級な美味しい物が食べたい。

 

「安い」「お得」「クーポン」「割引券」という言葉は、今、彼氏とデートをしている女心としてはマイナス言葉なのです。

 

 

「そんなにあたしたち我慢しないといけないの?」

 

 

と思うのです。

 

これらの言葉を遣うのは、女性の前ではほどほどにしないといけません。

 

注意しましょう。

 

 

女性はデートを楽しみたい

 

女性はデートを楽しみたいと思っています。

 

楽しいデートがしたいのです。

 

心から楽しみたい!

 

なのに、安いことにこだわっていたり、ケチな節約デートをしていては女心も楽しめません。

 

デートが楽しくないものに終わってしまいます。

 

では、どうすればよいか?

 

 

「安い」「お得」などの言葉を遣わない

 

とりあえず、「安いから」とか「お得だから」という言葉をデート中に遣うのをやめましょう。

 

言葉に女性心理は敏感に反応します。

 

また、繰り返されると耳に残ります。

 

頭にグッと印象付けられてしまうのです。

 

デート中、女性の前で「安い」「お得」などのマイナス言葉を遣うことは控えましょう。

 

 

そしてたまには大盤振る舞いでいきましょう!

 

彼女の誕生日、クリスマス、二人の記念日などは、ケチケチせずに高級レストランでも予約してあげましょう。

 

お金の使い方にもメリハリが大切です。

 

抑える時には抑える、使う時には使うというメリハリをつけることでケチな男というイメージを払拭できます。

 

 

 

このケチや節約したお金の使い方は、小さなことなので、女性心理としてはなかなか言葉にして「やめて・・・。」とは言えません。

 

また、言葉にすると「彼氏を傷つけてしまうから・・・。」という理由で言えません。

 

女性は、悩みが不満がたまると落ち込んでしまい、元気もなくなります。

 

このお金に対する女性心理を理解して、彼女を悲しませないような楽しいデート(お金の使い方)をしましょう〜





スポンサーリンク



ケチや節約デートもほどほどにしてほしい女性心理関連エントリー

最新記事