女を怒らせる言葉

女を怒らせる言葉

女を怒らせる言葉というと何が思いつくでしょうか?

 

 

代表的な女を怒らせる言葉は、「太った?」です。

 

女(彼女)が以前より太ったように見えた場合、「ちょっと太ったんじゃない?」(だから少し痩せたら?)と気遣いのつもりで気軽に言うと、それが事実だとしても女は怒ります。

 

女のプライドが傷つくのですね・・・。

 

女に「太った?」と言っても良いことはないので注意が必要です。

 

 

 

その他にも女を怒らせる言葉があります。

 

繊細な女心を知っておかないと、突然彼女が不機嫌になったりすることもあるので、ここは丸覚えしておきましょう♪

 

今回はそんな言葉を2パターンご紹介します。

女の苦労をわかっていない言葉

女の苦労をわかっていない、軽はずみな言葉をかけると女を怒らせることがあります。

 

例えば、

 

 

あなた「俺は一人暮らしだからいろいろと大変だけど、君は実家暮らしだから楽でいいな〜。」

 

 

こんな言葉を軽く言うと女は激怒したりします。

 

 

女「あたしだっていろいろとお手伝いしたり、親の面倒をみたりして大変なのよ!

 

 

一般的には実家暮らしというと親がご飯を作ってくれたり、掃除や洗濯をしてくれたりするから楽というイメージがあると思います。

 

 

が!

 

 

それを言葉にして「楽だね♪」とか言うと怒る確率は高いです。

 

女の苦労を知らない軽はずみな発言と思われるからです。

 

 

 

他にも結婚後だと、

 

 

「君は専業主婦だから楽でいいな〜」

 

「君は家で子供の面倒を見ていればいいから楽でいいな〜」

 

 

などと女に言うとキレます!

 

 

 

いつ、どんな時でも、大変そうに見えなくても影では「女もいろいろと大変なんだ。」と思い、それ前提で話をすることが大切です

女に対して上から目線の言葉

男女平等の世の中、女も男から上から目線の言葉をかけられると簡単にキレます!

 

 

「俺の金でメシをおごってやってんだから〜しろ!」

 

「君にこの料理の味を覚えて、今度俺に作ってもらうためにこのレストランに連れてきたんだから〜」

 

「俺が君の休みの都合に合わせて有休をとってやったんだから〜」

 

 

このような「お前のために俺がしてやった!」みたいな恩着せがましい上から目線の言葉をかけられると、女心もカチンときます。

 

 

 

実際にそうかもしれませんが、こういう上から目線の発言をすると女の心理としては、自分が大事にされていない気持ちになり、傷つきます。

 

また、以後、根に持ちます。

 

 

「あのとき、あの人があんなことを私に言った・・・」

 

「この人と今後一緒にやっていけるかしら・・・」

 

 

とずっと心の中にモヤモヤしたものが残り、それが別れのきっかけになることもあります。

 

 

 

女心を傷つけるような上から目線の言葉を言わないように気をつけましょう。

まとめ

男は悪気なく、むしろ気遣いのつもりで言った言葉が、女を怒らせてしまうことがあります。

 

そんなミスを防ぐためには、事前にどんな言葉に女心が傷つくかを知っておく必要があります。

 

今回ご紹介した2パターンには特に気をつけて覚えておきましょう〜^^

 

 

関連記事

 

余計な一言で離婚や別れを選択する女性心理

まじめ草食男は女を口説くな!

草食系が美人からモテる方法とは?

→ マメにせずに誘わせるLINE術





スポンサーリンク



女を怒らせる言葉関連エントリー

最新記事