女性と二人きりになる方法

女性と二人きりになる方法

女性二人きりになる方法はわかりますか?

 

”女性と二人きりになる”と考えると余程親しくないと難しい気がしますが、実は軽く考えるとそんなに難しいことではありません。

 

コツは、女性と二人きりになるきっかけ・理由にあります。

 

今回は、好きな女性と意外と簡単に二人きりになる方法をご紹介します。

 

 

 

なぜ?と考える女性心理

 

普通は、好きな女性と二人きりになりたい!と思うとデートに誘います。

 

「今度一緒に食事に行きませんか?」

 

でも、あまり親しくない関係の場合、女性は頭の中でこう思います。

 

「なんで?」

 

どうしてそんなに親しくもないあなたと私が食事に行かないといけないの?と思うのです。

 

こう思われてしまうとデートの誘いは失敗します。

 

つまり、女性心理の中で起こる「なぜ?」を消さないといけないのです。

 

 

理由を付ける

 

女性心理の中で起こる「なぜ?」を消すには誘う理由を明確にすればOKです。

 

「野球観戦のチケットが手に入ったのだけど、一緒に行かない?」

 

「この間、お裾分けしてもらったカレーおいしかった!今度作り方教えてくれない?」

 

このように理由を付けて二人きりになるきっかけを作れば、女性もOKしやすくなります。

 

この場合、ただ、

 

「野球観戦に一緒に行かない?」

 

「カレーの作り方を教えてくれない?」

 

だと理由がないので、「なんで?」となり、誘いを断られやすいです。

 

女性と二人きりになりたい時は、理由を付けるように心がけましょう。

 

 

誘うコツは軽いものから

 

女性を誘うとなると食事とか映画等を考えがちですが、まだそんなに親しくない関係のうちは、軽い理由で誘うとよいでしょう。

 

たとえば、

 

・仕事帰り、学校帰り
・仕事の都合で一緒に食事
・物の貸し借り

 

などです。

 

女性が、”デートに誘われている”と思わないような理由で誘うのがポイントです。

 

 

また、このような誘い方をした場合、もし女性に断られた場合は、すぐ引くことが大切です。

 

あなたも軽く誘っているわけですから、引くことも軽くしないといけません。

 

女性に断られたら、

 

「あ、そうなんだ。残念。また今度ね!」

 

とあっさり引きましょう。

 

そして、またチャンスをみて誘いましょう。

 

この心がけが大切です。

 

 

 

女性と二人きりになる方法は、デートっぽく重く誘わないことです。

 

二人きりになる理由は、小さなことでよいので、それを繰り返ししていきましょう。

 

すると女性の気持ちも少しずつあなたに向いてきます。

 

恋愛に焦りは禁物です。

 

ゆっくり攻めていきましょう〜





スポンサーリンク



女性と二人きりになる方法関連エントリー

最新記事