告白を粘ることで成功させる方法

告白を粘ることで成功させる方法

何度告白しても断られることってないでしょうか?

 

そんな時は、粘ることで成功する(OKしてくれる)場合があります。

 

 

でもこの粘るというのは、1つ間違えるとストーカーのような行動になってしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

決して相手の女性が嫌がることはしないでください。

 

また、女性に「やめて!」と強く言われた場合は引いてください。

 

 

でないと警察に通報されます。^^;

 

その辺の見極めができる場合は、告白を粘ることで成功させる方法をお試しください。

 

 

断り続けたのをOKする女の心理

 

何度告白しても断り続けた女が、ある日、突然OKしてくれる場合はあります。

 

その時の女の心理は?というと、「そこまで私のことを好きでいてくれるのね!」という感激、感動、衝撃を受けた時です。

 

つまり、あなたの女性に対する愛情が、女性の想像を上回る勢いであることを知った時に断り続けていたのをOKしてくれることがあるのです。

 

 

 

なので、ただ単に普通に告白(またはプロポーズ)を繰り返していても、女心にはピンと来ません。

 

女心の度肝を抜くような「え!そこまであたしのことを!!!」というようなことをする必要があります。

 

 

 

では、どんな告白の仕方が女心の度肝を抜くのでしょうか?

 

 

男の熱意に負ける女心

 

”女心の度肝を抜くようなこと”というのは、言葉を変えると”熱意を伝える”という意味です。

 

 

「俺はこれだけ君のことを好きなんだー!」

 

 

という熱い気持ちを伝える、ということなんです。

 

なので、そんな熱い告白の仕方をする必要があります。

 

 

 

では、どんな熱い告白の仕方があるか?

 

あなたなりに考えてみてほしいのですが、例えば、

 

  • 大衆の面前で、大声での告白
  • 土下座しての告白
  • 大泣きしながらの告白

 

このような告白の仕方をすると女心にもグッとくるものがあり、しぶしぶOKしてくれる場合があります。

 

男の熱意を感じるからです。

 

 

 

普通の告白では、ここまでしないですよね?

 

そんな女性の想像を上回る告白の仕方をした時に、女心はグッときてOKしてくれる(場合がある)のです。

 

いわゆる、”捨て身の告白”です。

 

恥じらいを捨てて、全力でお願いする、というわけです。

 

 

熱意を伝える言葉とは?

 

ちなみにこのような捨て身の熱意ある告白をする場合に使われる一般的な言葉を少しご紹介します。

 

それは、

 

 

君がOKしてくれるまで僕は帰らない!

 

君がOKしてくれるまで、僕はここから動かないよ!」(大衆の面前で土下座している時)

 

 

イメージとしてはこんな感じです。

 

かなり捨て身な感じで言っていることをおわかりいただけるでしょうか?

 

もっと過激な言葉を使う場合もありますが、ここでは控えます。^^;

 

 

 

ちなみに”大衆の面前で”というのは、”女性が嫌がること”にもなりますが、ここは少し微妙なところです。

 

女性心理からすると「やめて!恥ずかしいから!」となるのですが、「そこまでする?!」という熱意は伝わります。

 

自己判断でお願いします。

 

 

 

このくらいの捨て身の告白をしないとなかなか拒否し続ける女性の心を振り向かせることはできません。

 

どうしても「付き合ってほしい!」「結婚してほしい!」という場合にのみ実践してみてください。

 

 

 

ただし、これはあくまでも最終手段です。

 

何度アプローチしても「うん、と言ってくれない。」「OKしてくれない・・・。」という場合のやり方です。

 

好きになってからいきなりこの捨て身の行動をしても相手にされません。

 

「何、この人!?」と思われるだけです。

 

女心の中の「何度も断ったけど、ここまでするならOKしてもいいかな・・・」という同情心に訴えるやり方なので、告白するタイミングを間違えないようにしましょう。

 

 

 

 

 

女心が動くのは、男の熱い誠実さ、熱意、真剣さ、本気度が伝わったときです。

 

それは何度も告白してOKをもらうまで粘ることで、勝ち取ることができます。

 

しかし、しつこさや粘ることはストーカーがとる行動と紙一重なので、あくまでも女性が嫌がることはしないように気をつけてください。

 

あなたなりの熱意の伝え方を考えてみてくださいね☆





スポンサーリンク



告白を粘ることで成功させる方法関連エントリー

最新記事