モテない男の勘違いしたメールやLINEの使い方

モテない男の勘違いしたメールやLINEの使い方

モテない男の特徴として、好きな女に対してメールやLINEでアプローチを繰り返す、というのがあります。

 

つまり、直接会って話そうとせず、メールやLINEで言いたいことを伝える、という行動をとるのです。

 

あなたは身に覚えはないでしょうか?

 

 

 

好きな人と直接会って面と向かって話すのは恥ずかしいという気持ちはわかります。

 

緊張して顔を見ることができないかもしれません。

 

冷静でいられないかもしれません。

 

 

 

でも、そこを苦手として逃げていては、好きな女の子を口説くことはできません。

 

理由は、メールやLINEだけでアプローチを繰り返していても、あなたの気持ちが伝わらないからです。

 

 

メールやLINEは恋愛のアクセントに

 

メールやLINEは今や恋愛にはかかせない必須のアイテムです。

 

好きな人と連絡をとることに使う人も多いでしょう。

 

 

 

でも、それを口説くための道具として使うのは、使い方を勘違いしています。

 

メールやLINEはあくまでも恋愛をスムーズに進めるためのアクセントとして利用するのがベストです。

 

 

 

恋愛のメインはやはり直接会うこと、直接会話することです。(電話でもOK!)

 

でないと、あなたの熱い気持ちは彼女の心に伝わりません。

 

 

女の子のメールやLINEに対する心理

 

女心からするとメールやLINEでアプローチする態度というのは、

 

  • 逃げている
  • 卑怯
  • 臆病
  • 手抜き
  • 軽く見られている
  • 男らしくない

 

などのイメージがあります。

 

 

 

なので、どんなに熱い想いをメールで伝えても、女心には響きません。

 

「ふーん・・・、そうなんだ・・・。」

 

くらいなものです。

 

全く心が動きません。

 

 

 

例えば、プロポーズはメールでするものでしょうか?

 

「する。」と言われると困っちゃいますが(汗)、やはり女性心理としては、プロポーズは直接言ってほしい言葉なのです。

 

 

 

このように女心には、メールやLINEでよいことと直接会って言ってほしいことがあります。

 

この使い分けを勘違いしていると女心をつかむことはできません。

 

 

メールやLINEで口説くことはできる?

 

メールやLINEで口説く、アプローチする方法というのもありますが、上級テクニックになります。(記事下にある”3週間で女性の反応を変えるLINE術”など)

 

ホストなどのモテる男は、その辺を上手に使っています。

 

女心をよく理解しているからですね。

 

 

また、女の子からの返信メールで脈ありサインを判断したり、女の子が喜ぶメールの送り方などの細かいテクニックはあります。

 

ただ一般的には、アプローチの8割、9割をメールやLINEだけで口説くというのは難しいです。(ここを勘違いしてほしくないのですが)

 

やはり、メールやLINEは恋愛のアクセントに、デートの誘いや告白などの大事なポイントは直接会って面と向かって伝えるのが、女心をつかむコツです。

 

 

 

 

モテない男は、メールやLINEだけに頼り、直接会って想いを伝えようとしません。

 

それは女心がわかってない証拠です。

 

 

恋愛はデジタルよりアナログです。

 

めんどくさいかもしれませんが、いざ!という時、ここぞ!という時は、好きな人に直接会って、想いを伝えましょう〜☆



モテない男の勘違いしたメールやLINEの使い方関連エントリー

最新記事