婚活パーティーで二回目のデートを断られる原因

婚活パーティーで二回目のデートを断られる原因

婚活パーティーに私も何度か参加したことがあります。

 

その時に思ったのが、なぜか二回目のデートの誘いを断られることです。

 

婚活パーティー参加後、カップルになり、連絡先の交換はできます。

 

そして1度目の食事デートはできるのです。

 

なのに、それから別れた後に二回目のデートに誘うと「ごめんなさい・・・」と断られるのです。

 

なぜ?

 

その原因がわからず、何度か悩んだことがありました。

 

でもその原因がわかりました。

 

私はある失敗をしていたのです。

 

それは何だと思いますか?

 

 

自分のことをしゃべりすぎ

 

二回目のデートの誘いを断れる原因の1つとして”自分のことをしゃべりすぎる”というのがあります。

 

私の失敗の原因はこれでした。

 

婚活パーティーに参加する女性というのは、当然結婚を意識している女性です。

 

なので、1回目の食事デートは自ずとお互いの仕事や家族構成、趣味などの話になっていました。

 

普段、友達と会話する雑談とは違います。

 

どうしても将来の結婚を考えた会話になってしまうのですね。

 

そういう話題で会話していると自分のことをアピールしているつもりでも、相手の女性にとってはアウトなことがでてきてしまうのです。

 

例えば、あなたが「旅行はあまり行かない」という会話をしたとすると、

 

女性「あたしは旅行に行きたいな・・・。この人とは趣味が合わないかも・・・」

 

と思ってしまうのです。

 

まだ付き合ってもいないのに、旅行に行く話しにもなっていないのにです。

 

1回目の食事デートの会話の内容だけで、あなたとの相性を判断してしまうのですね。

 

だから二回目のデートに誘うと断られるのです。

 

つまり、自分のことをしゃべりすぎると相手の女性にとって好みと違う点がでてきてしまい、二回目のデートにつながらないのです。

 

 

二回目のデートの誘いをOKしてもらうコツ

 

今回の”自分のことをしゃべりすぎる”ことが原因で二回目のデートにつながらないとすれば、反省点は当然”自分のことをしゃべりすぎない”ことです。

 

できるだけ、自分のことは曖昧にしておいて、女性の話を聞いてあげます。

 

聞き役になるのが理想です。

 

そして、ボロが出ないうちに1回目の食事デートは早めに切り上げます。

 

食後のコーヒーやデザートは食べずに食事がすんだらすぐに別れます。

 

次のデートへつなげるためにです。

 

「もう少し一緒にいたい。話していたい。」

 

とあなたや相手の女性が思うくらいで帰りましょう。^^;

 

女性があなたに興味をもっている時点で別れることで、二回目のデートにつながります。

 

帰る理由は、

 

「この後、仕事があるから」

 

「この後、用事があるから」

 

などと言えば、ほとんどの女性は理解してくれます。

 

また事前に1回目の食事デート前に「用事があって2時間しか一緒にいられないけどいい?」と了承をもらっておくのもよいでしょう。

 

とにかく1回目の食事デートは早めに切り上げることがコツです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

二回目のデートの誘いを断られる原因として心当たりはあったでしょうか?

 

私はこの点を反省することで、二回目のデートにつなげることができるようになりました。

 

婚活パーティーの出会いは、結婚を意識した男女が集まるので、自然な出会いとは違い少し特殊です。

 

自分のことはしゃべりすぎず、小出しにして二回目、三回目のデートにつなげていきましょうね〜^^



婚活パーティーで二回目のデートを断られる原因関連エントリー

最新記事