女心を操るテクニック

女心を操るテクニック

女心操るには、それなりのコツが必要です。

 

それは女心をよく理解していないと上手く操ることはできません。

 

 

 

女心を操るために知っておくべき女の心理は、

 

  • 女は本音を言葉にしない
  • 女は少しの強引さに弱い(リードされるのが好き)
  • 女は曖昧な生き物(自分の意見をハッキリ言わない)
  • 女は決断力が弱い
  • 女は責任を負いたくない(彼氏のせいにしたい)
  • 女は理由がないと動かない
  • 女は選択するのが好き

 

この中でポイントとなる心理をいくつか絞ってご紹介しましょう!

 

 

女は本音を言葉にしない

 

女は本音が心の中にあっても言葉にして言いません。

 

理由は、本心を言うと、

 

  • わがままな女と思われ、彼氏に嫌われるのでは?という不安
  • 言うのが恥ずかしい
  • 決断するのが苦手

 

などと思う心理からです。

 

特に日本人女性特有の心理ですが、本音を言葉にしない生き物という認識が大切です。

 

なので、この女心を操るためには、”女心を察する”ことが必要になります。

 

 

女は少しの強引さに弱い(リードされるのが好き)

 

女は、決断力が弱い人が多く、苦手なため、少し強引な男に惹かれる傾向があります。

 

理由は、少し強引さのある男の方がリードしてもらえるから気分が楽なのです。

 

 

また、女の子はデート先などを決めるのが苦手で、男が決めてくれることを望みます。

 

その方が、”デート先を決めた”という責任を負うことがないですし、「彼氏が決めたから行く」という自分に対する理由付けもできるからです。

 

なので、少し強引さのある男が女を操ることができるのです。

 

 

女は選択するのが好き

 

女は決断できない生き物ですが、選択はできます☆

 

 

例えば、女はデート場所は決められないのですが、場所を男が決めた後に「どっちにする?」と質問すると選択はしてくれるわけです。

 

 

例でいうと、

 

あなた「水族館に行こうぜ!A水族館とB水族館のどっちいい?」

 

こういう質問(選択)を提案すると「B水族館がいい♪」などと選択してくれます。

 

 

これは、

 

  • ”水族館に行く”という決断は男がしてくれているので私に責任はない

 

  • どこの水族館へ行くかの選択は私ができるので、私の意思も聞いてくれているという満足感

 

という心理からです。

 

 

この女心を上手く誘導すると操ることが可能となります。

 

 

 

女心を操るテクニックは、複数の女の心理を理解し、知ることで上手く扱うことができます。

 

プレイボーイと呼ばれるモテる男は、この女性心理を上手に利用しています。

 

女の恋愛心理をマスターして、好きな人を自在に操りましょう〜♪

 

女心を操るテクニック関連エントリー

最新記事