喧嘩をしないカップルや夫婦の秘訣

喧嘩をしないカップルや夫婦の秘訣

喧嘩をしないカップルや夫婦の秘訣は、何だと思いますか?

 

いろいろあると思いますが、今回ご紹介したいのは、「過去と他人は変えられない、未来と自分は変えられる」という言葉です。

 

これは、エリック・バーンというカナダの精神科医が言った有名な言葉です。

 

 

 

この言葉の意味を理解して、カップルや夫婦の関係を考えると喧嘩をしない関係になることができます。

 

では、この言葉をどのように理解すればよいでしょうか?

 

 

彼女(妻)の性格は簡単には変わらない

 

付き合いが長くなると彼女や妻に対して不満が出てくることもあると思います。

 

すると普通は、なおしてほしい態度や癖などを注意しますよね?

 

 

 

でも、言葉で言ってもなおらない時があると思います。

 

何度言っても無視されたり、聞き流されたり・・・。

 

そんな時、ムカついたり、怒ったりして喧嘩になってしまいます。

 

 

 

これを繰り返していると別れ話に発展したり、離婚ということになってしまいます。

 

これでは何も改善されません。

 

 

 

そこで思い出してほしいのが、「過去と他人は変えられない、未来と自分は変えられる」です。

 

この言葉の「他人は変えられない」が、あなたが今不満をもつ彼女や妻なので、その解決策が「自分は変えられる」の部分です。

 

つまり、言っても変わらない彼女や妻なら、あなた(自分)が変わればよいのです。

 

 

 

どういうことかというと、あなたが相手の本当はなおしてほしい態度を受け入れればよいのです。

 

つまり、「見て見ぬふりをする」ということです。^^;

 

これが、「自分は変えられる」つまり「あなたが変わる」という意味なのですね。

 

 

 

相手の悪い態度を受け入れることができれば喧嘩は起こりません。

 

仲良しカップル、夫婦になれます♪

 

 

彼女(妻)の悪い態度の程度による

 

彼女や妻と喧嘩しない秘訣は、相手の悪い態度をあなたが受け入れ、「見て見ぬフリをする」とご紹介しましたが、程度にもよります

 

例えば、彼女や奥さんのなおしてほしい態度が、

 

 

  • マヨネーズのキャップをきちんと閉めない
  • タンスから服が少し出ている(はみ出している)
  • タンスのドアが若干開いている
  • 歯磨き粉のラベルが前を向いていない(後ろ向きに置かれている)
  • 服の畳み方が雑
  • デートの待ち合わせ時間にいつも少し遅れてくる

 

 

このくらいのレベルの話なら、もう注意せずに見て見ぬフリをしましょう。^^;

 

 

 

それか、どうしても気に入らないなら、相手に言わずに自分でなおしましょう!

 

それが喧嘩をしない一番の方法です。

 

 

 

これが、相手の欠点を受け入れるということです。

 

つまり、相手の欠点を受け入れるように、あなたが変わるということです。

 

こうすれば、喧嘩は起こりません。

 

平和に暮らすことができます。^^;

 

 

 

この程度のレベルの話です。相手を受け入れるというのは。

 

もっと酷い犯罪がからむような悪い態度をする場合は、見て見ぬフリをするとかできませんからね。^^;

 

その辺は勘違いしないように気をつけてくださいね☆

 

 

 

 

カップルや夫婦で喧嘩とかしたくないですよね。

 

喧嘩すれば愛情が冷めてしまうこともありますし。

 

 

 

「喧嘩するほど仲がよい」とも言いますが、喧嘩をして深刻になる場合は、今回ご紹介した「過去と他人は変えられない、未来と自分は変えられる」の言葉を思い出してみてください。

 

きっとふたりの関係改善につながると思いますよ!

 

 

 

何事も前向きに考えましょうね〜☆

 

 

関連記事

 

長い付き合いで別れていない理由



喧嘩をしないカップルや夫婦の秘訣関連エントリー

最新記事