女心が冷める話し方

女心が冷める話し方

女心冷める話し方をあなたはしていませんか?基本的に男と女の会話の仕方は違います。女心を理解していないと男には通用する話し方も女の子には「最低!」と思われることもあります。女の子は男のどんな話し方が受け入れられないのでしょうか?今回は女心が冷める話し方をご紹介します。

 

女の子はおしゃべり好きです。「今日○○があった、こんなことがあった、それでね、」と話すことが好きです。たまには愚痴や相談事をされることもあるでしょう。それを聞いて男がとってしまいがちな態度、でも女心が冷める話し方があります。

 

例えば、女の子の話を聞いた後に自分の経験談を話す人。これはだめというわけではないですが、女心はあなたの経験談を求めているわけではありません。女の子が求めているのは共感です。自分の話を聞いて共感してほしいと思っています。ですから、あなたの話はいらないのです。でも、男は自分の経験談を親切心のつもりで話します。「こんな経験もしたから、参考にしてね。」そんな優しさのつもりで男は言います。でも女心はそれは余計なお世話。いらないのです。ただただ共感してくれるだけでOKなんです。経験談を話されると「この人、あたしのことわかってくれない。」と思うのが女性心理です。

 

また、女の子の話を上から目線で分析する人がいます。特に年下の彼女の場合、男は上から目線になりがちです。自分の過去の経験をもとに、女の子の行動を分析します。そして親切心からアドバイスをしようとします。これも女心が冷める話し方です。女の子がアドバイスを求めていたら答えてあげて問題ないですが、アドバイスを求めていないのに、勝手に答えを出す人。これも女心を冷めさせます。男としては親切のつもりがこれもまた女性心理としては「あたしのこと、わかってない!」と不機嫌にさせてしまいます。アドバイスを求められているか、いないかをちゃんと判断し、求められていない場合は、ひたすら共感しましょう。

 

他も女の子の失敗談を聞くと、つい解決策を出す人がいます。解決策を出されると女心としては自分が馬鹿にされていると感じます。女心はただ自分の失敗を聞いてほしい、そして慰めてほしい、共感してほしいと思っているのです。でも男は失敗談を聞くとつい次に失敗しないためにはどうしたらよいか?と無意識に考えがちです。女の子が失敗談を話し出した時、女心がどうしてほしいのか?共感してほしいのか?アドバイスがほしいのか?をよく見極めることが大切です。

 

女の子の話には共感が大事です。女同士の会話は共感でなりたっています。男と女の話し方の違いを理解して、女心をつかむ話し方をするように心がけましょう!

 

あなたは女心が冷める話し方をしていませんか?

 

 

関連記事
デートで会話ができない
女性との会話での盛り上げ方
女性心理が喜ぶ言葉遣い

 

 

女性が気を引く好きな人TOPへ戻る


なぜ女性はLINEを無視する?

諦めるのはまだ早い!

↓↓↓↓↓↓↓↓

もう1度好意をたぐり寄せるLINE術「特集」





スポンサーリンク



最新記事