好きな女性を妹と思って接すると落ちる理由

好きな女性を妹と思って接すると落ちる理由

好きな女性が目の前にいると緊張したりしませんか?

 

 

 

緊張すると会話がぎこちなくなったり、汗がでてきたり、目をあわせられなかったり、、、。

 

 

 

いつもの自分をアピールできないですよね?

 

 

 

言葉遣いもかたくなって「お食事はどうされますか?(汗)」みたいにすごく上品になったり(笑)

 

 

 

そういう態度を「誠実な男性」、「真面目な男性」と感じる女性もいます。

 

 

 

それが好印象と思う女性もいるでしょう。

 

 

 

なので、一概には言えないのですが、「好きな女性をと思って接する」という方法もあります。

 

 

 

これは、主にあなたの好きな女性があなたより年下の場合、または同じ歳の場合になりますが、

 

 

 

この方法には女性が落ちる(落ちやすくなる)理由があります。

 

 

 

好きな女性を妹と思うどうして落ちるのか?をご紹介します!

 

 

会話が丁寧すぎない、ラフな感じになる

 

好きな女性を妹と思うと会話が丁寧すぎず、ラフな会話ができるというメリットがあります。

 

 

 

妹は身内なので、言葉遣いも丁寧にする必要はないですよね?

 

 

 

タメ口でもよいくらいです。(または、「です・ます」くらいを使う丁寧語)

 

 

 

その方が女性もリラックスできて、あまりかたくなりすぎずに会話できます。

 

 

 

また妹なので、少しいじったりからかったりもできます(笑)

 

 

 

その方が会話も盛り上がり、楽しくなります。

 

 

 

このような理由から好きな女性を妹と思うと会話が楽しくなるというメリットがあります。

 

 

 

リードできる

 

妹は兄がリードして守ってあげるというのが一般的ですよね?

 

 

 

好きな女性を妹くらいに思って接すると自然とリードする態度になると思います。

 

 

 

街を歩いていても、

 

 

「少しノド乾いたな。スタバ行こうぜ!」

 

「腹減った?めし食うか?」

 

 

みたいな流れになり、自然に「頼りになるお兄ちゃん♪」みたいになります(笑)

 

 

 

女性は男性にリードされたいという心理があります。

 

 

 

それが好きな女性を妹と思うと自然と態度にでるのです。

 

 

 

妹なので、あまり気を使いすぎずにリードできます。

 

 

 

このように好きな女性を妹と思うと「頼りになる男性」を自然にアピールすることができます。

 

 

 

上下関係ができる

 

妹と兄を上下関係でいうと「妹が下、兄が上」となりますよね?(一般的には)

 

 

 

兄が自然と妹を見下ろす、妹は兄を見上げる、みたいな関係になります。

 

 

 

この上下関係が女性を口説くには大切です。

 

参考 → 『女性は立場が上の人に惚れる

 

 

 

女性心理としては、自分より格下の男に興味をもちません。

 

 

 

例えば、女性より

 

 

・給料が少ない

 

・地位が低い

 

・学歴が低い

 

 

など。

 

 

 

基本的に女性は自分より格上の男性にあこがれます。尊敬します。

 

 

 

なので、態度も兄らしく、堂々と妹をリードしないと男としての魅力を感じないですし、興味もわかないのです。

 

 

 

そのため、好きな女性を妹のように接することで自然と態度が兄と妹になり、自分(女性)より上の男性として魅力を感じるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように好きな女性を妹とイメージすることで、さまざまなメリットがあります。

 

 

 

あまりラフすぎても「馴れ馴れしい!」と思われてしまうので限度はありますが、「大切な妹!」くらいに接してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

そうすれば、女性を大事にできますし、少し力が抜けたリラックスした状態で、好きな人とデートや会話を楽しむことができると思います。

 

 

 

あまり下から丁寧に行き過ぎると、兄と思われずにと思われてしまいます、(^_^;)

 

 

 

下に見られると女性は一気にあなたに対する興味をなくしてしまうので、その辺は気をつけてくださいね(笑)

 

 

 

好きな人を妹と思う作戦、

 

 

 

是非、実践してみてくださいね☆^^

好きな女性を妹と思って接すると落ちる理由関連エントリー

最新記事