軽い告白が成功率をあげる理由

軽い告白が成功率をあげる理由

軽い告白と聞くとチャラい男が街中で、知らない女性に対して「ねー、ねー、カノジョ〜、オレと付き合ってくれよ〜♪」と声をかけるようなイメージがあるかもしれませんが、そういう意味ではありません。

 

ここで言う”軽い”の定義は、”女性の心理的負担が軽い”という意味です。

 

成功する告白の仕方というのは、女性の心理的負担が軽い伝え方の方が、成功率が上がるということです。

 

詳しく説明しましょう。

告白に対する女性の心理的負担とは?

 

女性心理では、男からの告白に対して重く受け取る場合軽く受け取る場合があります。

 

重く受け取る告白というのは、あまり親しくない男から突然告白されたときです。

 

 

ずっと前から君のことが好きでした!僕と付き合ってくださいっ!

 

 

と、礼儀正しくストレートに愛の告白して、もちろんそのまっすぐな気持に感銘してOKしてくれる女性もいますが、多くの場合は重いと感じます。

 

その理由は、その男のことをよく知らないからです。

 

よく知らない男から突然告白されても女性としては、困ってしまいます。

 

OKする理由がないですし、好きじゃない男から告白されても安易に「いいよ♪」とは言えないからです。

 

つまり、女性が、”返答に困る=重い告白”というわけです。

 

 

 

では、逆に軽い告白とは、どういう告白でしょうか?

 

この場合は、女性の心理的負担が軽い告白なわけですから、例えば好きな人から告白されたときです。

 

好きな人から告白されたら、女性としてはOKするしかないですよね?

 

嬉しいわけですし、答えは当たり前のように決まっているわけです。

 

返答に迷うことはありません。

 

困ることがないのです。

 

だから、好きな男から告白されたときは、心理的負担が軽いので、すぐに「いいよ♪」と返事できるわけです。

 

 

心理的負担を軽くする告白をするためには?

 

この女性心理からすると女性の心理的負担を軽くすれば、告白の成功率が上がるということになります。

 

では、どうすれば女性の心理的負担を軽くできるでしょうか?

 

それはやはり彼女との心の距離を縮めることです。

 

 

  • 親しくなる
  • 友達関係になる
  • 遊ぶ関係になる

 

 

このような軽く会話や雑談ができ、一緒に遊びにも行けるような関係になれば、告白したときの女性の心理的負担を軽くできます。

 

もっと言うなら、女性があなたのことを好きになれば、告白したときの心理的負担はさらに軽くなるでしょう。

 

 

友達関係から告白しても振られる?

 

いやいや、友達関係になって告白しても「ただのお友達としか見れない・・・ごめんね・・・」って言われて振られるよ!

 

 

こういう声も聞こえてきそうですが・・・。^^;

 

そうですね、確かにただの友達関係の状態で告白しても、女性の心理的負担をOKしてもらうまでは軽くできていないことが多いかもしれません。

 

そこはもう1つ壁を越えてもらう必要があります。

 

 

 

それは、あなたを異性として意識させることです。

 

女性は、あなたを異性として見ていなければ恋愛対象として見ることはありません。

 

意識させることで、告白したときの心理的負担を軽くすることができます。

 

 

 

では、どうやって意識させるか?

 

1つは、プチ告白をすることです。

 

ここで言うプチ告白とは、女性に対してあなたが好意があるのかないのか迷うようなことを言うことです。

 

例えば、あなたが好きな女性に対して、

 

 

「ねぇ、カレシいるの?」

 

「どんな男がタイプ?」

 

「休みの日は何してるの?」

 

「前のカレシはどんな性格の男だった?」

 

 

こんな感じの質問をすると女心としては、

 

 

「え?なんでそんなこと聞くの?ひょっとしてあたしのこと好き??」

 

 

と受け取るかもしれません。

 

 

また、もう少しつっこんだプチ告白だと、

 

 

「君みたいな女性と結婚したいな〜♪」

 

「君の彼氏になった男がうらやましいなぁ〜♪」

 

「今彼と別れたら俺が立候補するよ♪」

 

「きっといいお嫁さんになると思うよ♪」

 

 

こんな感じの冗談っぽくもとれる告白をすることで、女心としては、

 

 

「この人、本気なの?冗談なの?どっち?」

 

 

と考えるようになり、次第にあなたを意識するようになります。

 

これは女心に好きになってくれる男を好きになる心理があり、曖昧な言葉をいうことで、気になる存在になることを利用したテクニックです。

 

 

 

こうやっていきなりストレートな重い告白をするのではなく、少しずつ徐々に女性の心理的負担を軽くするアプローチをする(女に心の準備をさせる)ことで、告白の成功率を上げるというわけです。

 

 

 

 

 

 

今回は、軽い告白で成功率を上げることをテーマにご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

結局告白は、女性の心理的負担を軽くして、男も軽く言うことで成功する(OKをもらう)ものなんです。

 

これが告白を成功させる王道です。

 

 

 

もちろん、重い告白の仕方でも粘って粘って粘り続ければ女性もOKしてくれる場合があります。

 

 

「そこまで私のことが好きなの、、、だったら付き合ってみようかな・・・」

 

 

と女性も心が折れる場合もあります。

 

 

 

でも、この告白の仕方だと落とすのも大変ですよね?^^;

 

 

 

なので、女性の心理的負担を軽くしてから告白しましょう!というわけです。

 

 

 

今回ご紹介した方法だと時間がかかりますし、女性を好きにさせる、意識させるというところが1つのポイントになってきます。

 

ここがこの恋愛テクニックの1つの壁ですが、なんとか乗り越えて軽い告白でOKをもらうようにもっていっていただけたらと思います。

 

ぜひ、このやり方で好きな人にアプローチしてみてくださいね〜!


なぜ女性はLINEを無視する?

諦めるのはまだ早い!

↓↓↓↓↓↓↓↓

もう1度好意をたぐり寄せるLINE術「特集」





スポンサーリンク



軽い告白が成功率をあげる理由関連エントリー

最新記事