好感度を上げる方法 − 音楽好きな人になる

好感度を上げる方法 − 音楽好きな人になる

女の子に好かれるためには好感度が高いと有利に恋愛を展開できます。

 

アプローチしやすくなるので、好きな女の子を落としやすくなるのですね。

 

なので、好感度が高いことにこしたことはありません。

 

 

 

では、その好感度をどうやって上げるか?

 

その1つの方法に『音楽好きな人になる』があります。

 

今、すでにあなたが音楽好きな人なら特に努力する必要もないと思いますが、女性心理としては『音楽が好きな人に悪い人はいない』みたいなイメージがあります。

 

なので、

 

  • あるアーティストのファン
  • コンサートによく行く
  • カラオケ大好き!

 

などがアピールできると、「音楽好きな○○さん」という印象をもたれ、好感度がアップするというわけです。

テンションが高い姿を見せる

 

女心としては、どちらかというと根暗な暗いイメージ、おとなしいイメージの男より明るく、笑顔がさわやかな男の方が好感度が高いです。

 

10代や20代前半の女の子だとクールな男に惚れることがありますが、ある程度恋愛を経験した25歳以上くらいの女性になると明るい男の方が好まれます。

 

 

 

ということで、明るい男をアピールすると好感度アップにつなげることができるわけですが、その良いアピール方法の1つに『テンションが高い姿を見せる』があります。

 

どういう意味かというと、女心としては、『テンションが高い』=『明るい男』という印象をもちやすいです。

 

なので、テンションが高い姿(態度)を見せることで、自然と『明るい男』→『好感度アップ』になるわけです。

 

 

 

では、どうやってテンションが高い姿を見せればよいかというと、例えば、

 

  • 女の子が行きたくなるようなアーティストのコンサートに誘う
  • 好きな女の子をカラオケに誘い、テンションの高い歌を歌う

 

などがあります。

 

 

 

こういう場所へ行けば、自然とテンションの高い姿を見せることができますよね?

 

盛り上がるはずですから。^^

 

そういう姿を見せることで、「普段はおとなしい、物静かな人だけど、こんな明るい一面もあるんだ♪」と女の子はあなたのギャップにキュンとするでしょう。

 

これで一気に好感度を上げることができるというわけです。

 

 

歌でなくてもよい

 

先程は、コンサートやカラオケに行くことで『テンションを上げる』→『明るい男をアピールする』方法をご紹介しましたが、応用して考えれば音楽でなくてもテンションが高い一面を見せることはできます。

 

例えば、飲み会や忘年会、新年会、結婚式の2次会など。

 

何か宴会芸みたいなことをできる場であれば、普段のおとなしい一面とは違う一面をアピールすることができます。

 

 

「え!この人、こういうことできるんだ♪」

 

 

と、女の子をビックリさせましょう!

 

 

 

ちょっとしたを見せることで、『テンションが高い人』=『明るい人』という評価になり、好感度アップにつながります。

 

そうすることで、あなたが『ただの普通の人』ではなく、男として、異性として意識される可能性もアップします。

 

何かみんなを楽しませる芸を身につけておくとよいですよ!

 

 

 

 

 

 

今回は、『明るい態度を見せる』ために『音楽好きな人をアピールする』という方法をご紹介しました。

 

音楽を絡めると『テンションが高い一面を見せることができる(見せやすくなる)』という意味でご紹介しましたが、要するにテンションが高い一面を見せればよいのです。

 

 

なので、音楽に限らず、宴会芸でもよいのです。

 

お祭りが好きならお祭りで踊っている姿を見せるのもよいでしょう。

 

 

そういう普段の態度とは違うギャップを見せることで女心をつかむことができます。

 

 

 

あなたは、好きな人にどんなテンションの高い姿を見せることができるでしょうか?

 

無理しない程度にあなたのできる範囲のことを見つけてみてくださいね。(^_^)


誘われる男はLINEがうまい

女性にそのLINEはまだ送るな!

すんなり女性の心に入れるLINEの仕方





スポンサーリンク



好感度を上げる方法 − 音楽好きな人になる関連エントリー

最新記事